男の子は特に憧れる職種といえば「プロ野球選手」や「サッカー選手」でしょう。
以前は、憧れの選手を観に試合に連れてってもらったり、練習場を覗きにいったりしていましたが、今は、ホームグラウンドがある地域でファンサービスをしたりイベントを開催している地域密着型のチームが増えています。

このイベントは、憧れる選手と直接触れ合えたり、実際に教えてもらったりと、子供たちにとっては夢のような時間が過ごせます。
そういうイベントに参加する事によって、今まで手の届かなかった選手が身近に感じることもできます。

最近では、自分が頑張ってきたことを否定され、心身共にダメージを受けた子供たちがいっぱいいる中で、憧れの選手や普段海外で活躍している選手が避難所を訪問することで、今まで味わったことのない感動と一緒にスポーツができる楽しさを味わうことができ、立ち直った子供たちも多くいます。

試合を観る事だけでなく、実際に同じスポーツをするだけで、忘れかけてた夢や傷ついてた心を明るくすることができます。
そういったチーム全体や選手のサービスはどんどん行ってほしいものですね。